庭の雑草対策は専門業者に頼もう【魅力的なお庭を保つコツ】

シニア夫婦

楽しい農業ライフ

果樹

近年では多くの方が貸し農園を利用して自分で生産する楽しさを感じているようです。庭などで自家栽培などを楽しめないという方も多いですが、貸し農園であれば気軽に楽しめるようになっているので自家栽培で野菜などを作りたいと思っている方は貸し農園などを利用してみるのも良いでしょう。都心部に程近い場所でも気軽に借りられる農園が増えてきているので都心部に暮らす方でも農園で野菜や果物を育てる楽しみを感じる事ができます。

貸し農園には3つのタイプがあるので自分のライフスタイルや目的に合わせて利用するタイプを決定しましょう。まず1つ目は体験農園です。農家の方が指導を行ないながら野菜の育て方を一から指導してくれるので野菜作りのノウハウも学べるので現在人気があります。農家の方が農具もレンタルしてくれるため、農具を一から揃える必要はありません。そのため、手ぶらで農園に向かって手ぶらで帰る事が可能となっています。このタイプの場合、農園を貸してくれている農家さんの都合に合わせる必要があるので時間に余裕がある方向けの貸し農園となっています。一般的な貸し農園として知られているのが市民農園と呼ばれるタイプです。農地を貸してもらうだけで指導などを受けるタイプの体験農園とは仕組みが異なりますが、貸してもらっている農園を好きなように利用できるので好きな野菜や果物を育てる事が可能となっています。農具や肥料などは自分で用意しなければならないので少し大変ですが、時間などは自分の都合に合わせる事ができるのでライフスタイルを崩さずに農業を楽しめます。近年ではクラインガルテンと呼ばれる宿泊施設などを備えている滞在型の農園もあります。都心部ではなく郊外に多く、水道やトイレ、休憩できるスペースなども確保しているので週末などに農園を楽しむ方には最適な貸し農園だと言えます。